けいばめも

競馬予想
5月13日 メイン&最終予想
     買い目  (本命 対抗 )
   京都
11R 3連複 1頭軸流し
 6-1・2・3・4・5・11 15点
・ミドルペース 前残り
本命は6番。ここ2戦の成績が悪すぎるけど、
 二ヶ月休んで立て直した今回は勝ち負けを期待できそう。
 前回と違い、調教で馬なりで上がりの早い時計が出てるのでやる気もある感じ。
 人気が後ろで、前に行く馬が少ないのですんなり先行ならまず馬券内。
対抗は3番。前走SP指数が最上位。前走は前潰れで展開も向いた。
 今回、雨の馬場の前残りを差しきれるかは別の話。
 騎手的にもじっくり最後方で溜めそうなのでその分も割引。
穴は11番。ここ4戦ぱっとしないけど、OP1勝3着一回。
 超好走血統でもあるし、復活しても何も驚く馬ではない。
 調教もしっかり追ってるので前走みたく太くないはず。


12R 馬連 流し
 14-3・4・6・13・11・15 6点x2
・ミドルペース 軸信頼
・本命は14番。SP指数上位で一番不安要素がない。
 有利な外枠も引いてるしここはまず勝ち負け。
対抗は3番。SP指数は14番と同格だが、
 脚部不安の休み明けで、さらに藤岡だと軸では買いたくない。
 問題が何もなければもっと売れてるはずの馬だし(同級勝ちと2着あり)
 ここは叩きで阪神で上位争いかな。勝たずに稼ぎたいタイプの予感もあるし。
・穴は4番。2頭軸でもいいぐらいの馬だが、ノド鳴り手術の再手術明けでは・・・
 ワイドが売れていれば仕上がっていそうな気もするが、全然売れてないのでやめた。
 代わりに思ったよりワイドが売れてる6・13番を足した。


   東京
11R 3連複 1頭軸流し
 3-1・4・5・9・10・11 15点
    馬連 流し
 3-5・10 2点x3
・スローペース 2強(3・4)
本命は3番。スローの内枠先行なら絶好の展開になりそう。
 シュタルケでも勝ち負けできる馬がルメールなら勝ち負け濃厚。
対抗は4番。力上位だが、海外帰り初戦なので割引。
 しかも、叩きっぽい仕上げで1番人気とか軸で買う気は全くしない。
穴は5番。昇級戦だが、SP指数的には通用。
 ただここは展開が微妙なのが悩みどころだが。
 四位だと前に行ったりしないだろうし。
 このへんが飛んでくることを期待しての3連複なので頑張って欲しいのだが。


12R 3連複 2頭軸 流し
 6・9-1・2・11・12・16 5点x2
    ワイド
 6-9 1点x5
    ワイド 流し
 6-1・2・11・12・16 5点(15はミス16に修正)
・ミドルペース 抜けた1強(9)
本命は9番。抜けたSP指数で安定しているのでここはまず上位争い。
 前走休み明けの同コースでのものだから、ここは軸で仕方なし。
対抗は6番。SP指数次点評価。9番を目標に動ける今回は絶好では。
 勝ち負けはともかく差してくるのは確実と思うので対抗。
 調教もしっかり積んでるみたいなので休み明けで人気薄は好材料か。
穴は1番。前走のSP指数なら差し展開になれば馬券内はあっても。

[PR]
by lanten | 2017-05-13 10:17 | 競馬予想 | Comments(1)
Commented by lanten at 2017-05-20 01:42
   5月13日 予想結果
  京都  1480円/2700円
11R ◯6番 4着 直線でのめって失速。
 消した福永に差されて4着かよ・・・
3番は前残りとわかって下げる藤岡のアホ騎乗。
11番は太目解消されずで、何故出てきたのやら。

12R ◯14番 2着 逃げ馬を競り落としたところを外からやられる。
 また福永・・・これさえ飛んでこなければそれなりの配当だったのに。
3・4番は先行するも直線失速。どちらも本調子ではなかったかな。
3番は藤岡から変わった時が狙いかも。
4番もどこかで穴を開けるとは思う。どちらもメモっておく。
馬連 14-15 740円x2=1480円 的中


  東京  0円/4100円
11R ◯3番 11着 先行するも無抵抗で沈む・・・
 4番は海外帰りの初戦でやはり大敗。5番は後ろから行き過ぎ。
それ以前に内枠有利と読んだのに外ばかりくる馬場・・・

12R ◯9番 1着 逃げ切り圧勝。やはり格が違う。
 というか楽逃げで前5頭の決着とか後ろの騎手があほすぎる。
まあ、先行勢が弱すぎて9番は足を使う必要すらなかった感じだが。
ダートで追い込みを軸にする時点で買った自分がアホだな・・・
ワイドはともかくね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 5月14日 メイン&最終予想 前回結果 回収率 土曜0% 日... >>


by lanten
プロフィールを見る
予想参考サイト
カテゴリ
最新のコメント
タグ
最新の記事
ブログジャンル
以前の記事