けいばめも

競馬予想
6月4日 メイン&最終予想
     買い目  (本命 対抗 )
   阪神
11R 馬単 マルチ
 7⇔1・3・4・6・10・12 12点
    3連複 2頭軸流し
 6・7-1・3・4・10・12 5点
・ミドルペース 上位人気馬強し。
・軸は7番。実力上位の超好走血統馬。
 京都では絶不調だったデムーロが阪神に変われば調子が戻るはず。
 馬自体も、前走内容はいいし、開幕週向けの脚質でもあり、
 8歳でも全く問題無いと思う。阪神で3勝してるし。
・対抗は12番。7番とほぼ同格(やや上)も海外帰り初戦はかなり割引。
 あと武の逃げだとスローもありそうな分で割引。
・穴は6番。上がりの早い馬が実はこの馬しかいない。
 こういう時は固まって直線に向けば差しきれるかも。
 岩田の大外一気からのガッツポーズ期待。
 ただ、1-6-7のALL8歳馬券はなんか酷すぎるけどな(笑)

12R 馬単 マルチ
 6⇔4・7・11・13・14・15 12点
・ハイペース 中波乱
・軸は降級なら先行できそうな6番
 好走血統でSP指数も高め。先行さえできれば勝ち負け濃厚。
・対抗は4番。前走が差してきての3着なので行く気ないかも?なのがマイナス。
 差し馬軸はちょっと厳しい。馬は軸馬と同格だが。
・穴は14番。中央で先行できるか?長期明け?と問題が多いけど、
 門別3連勝の内容なら逃げれれば通用の可能性。
 松山は人気薄でもやってくれるはずだし。
・1番は最内だと戦績からすると先行するのは無理臭いので消し。
 前に行ければ通用だが枠が悪すぎる・・・


   東京
11R 3連単 ボックス
 2・3・6 6点
    3連複 ボックス
 2・3・4・6・15 10点
・ミドルペース 本命サイド 2強ムード
・軸はボックス買いだけど一応3番。
 前走はかなり強い勝ち方。それと3戦前のSP指数が抜けている。
 桜花賞でやらかしてNHKマイルで汚名返上してからまともになったルメールも信頼。
・対抗は6番。2連勝で降格と強そうに見えるけど、コース巧者なだけかも。
 中山での負けすぎからしてそこまで強くないかも。内田もここ一番では判断悪すぎるし。
 2番を先に行かして追い出し、交わせないどころか後ろ(2番(笑))にも差されて3着が想定?
・穴は2番。休み明けでも除外の影響で仕上がりは悪くない。
 3戦前SP指数なら足りてるし、好走血統でもある。実力より単に展開待ちの馬。
 2強で後続を離してくれれば絡む可能性は高いと思う。

12R  ワイド 流し
 14-9・10・13・15・16 5点x2
・ミドルペース 超混戦 大波乱?
・高SP指数で好走血統な10番が狙い目だけど、近走内容から多分差しに回る・・・
 上がりはそんなに早くないから後方からだと厳しいと思う。まあ一応対抗。
 あと、菜々子人気でやたら売れてるし美味しくない。
・軸は迷ったけど、差し足抜群な14番。菜々子を待ってくれる展開なら
 こっちが突っ込んでくるはず?
 SP指数的にも通用。血統も1400ベストなアドマイヤムーン産駒。
・穴は9番。ここ3戦内容ならハマれば1着。勝春のコース勝率は地味に高い。
 まあ、3着率では大したことはないので軸にはしないけど。単勝買うべきかも?

[PR]
by lanten | 2016-06-04 09:54 | 競馬予想 | Comments(1)
Commented by lanten at 2016-06-11 02:09
   6月4日 予想結果
  阪神  0円/2900円
11R ◯7番 4着 ハイペースになって粘り切れず。
 岩田の6番が予想に反して先行したためハイペース。
1番もあっさり力尽きる展開では厳しかった。
6番は後ろから差し届くと思ったのにな・・・

12R ◯6番 3着 中段からの分で差し届かず。
 1番より後ろの位置取りになるなんて聞いてない
思ったより位置が取れた1番があっさり差しきり。
 1番も入れて3連複なら万馬券だったのか・・・
1番軸で3着もありそうなので3連複! これが正解だったか。


  東京  4760円/2600円
11R ◯3番 除外 前扉蹴飛ばして大流血、更に鞍上ルメールも破壊・・・
 3番が除外の分で展開が変わってノーマークの前残りレース・・・
除外の払い戻し 1200円

12R ◯14番 3着 位置取り後ろすぎるも、間を割って3着確保
 展開は予想通りな菜々子待ち(笑)
しかし予想通り対して伸びずに軸馬が来た。
ワイド 13-14 1780円x2=3560円 的中
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 6月5日 メイン&最終予想 前回結果 回収率 土曜79% ... >>


by lanten
プロフィールを見る
予想参考サイト
カテゴリ
最新のコメント
タグ
最新の記事
ブログジャンル
以前の記事