けいばめも

競馬予想
8月20日 メイン&最終予想
     買い目  (本命 対抗 )
   小倉
11R 単勝
 15番 シーリーヴェール x10
・ミドルペース 混戦
・本命は15番。調教抜群の好走血統。
 SP指数自体も最上位だし、先行できるのもプラス。
 好調和田なら勝ち負け期待。抜けそうだから単勝もありかも・・・
 和田の戦績的に1着固定の3連単でもいいけどこのメッツじゃ無理。
・対抗は5番。4番もほぼ互角だけど勝ち味に遅い分で5番が上。
 ただ、前走2着も休み明けの大幅馬体減(2走前)が・・・
 減らす前のほうが明らかに強い。
・穴は7番。ここ2戦が競馬になっていない。小牧に戻って逃げれば一発あるかも。
 こちらを軸とも思ったけど、調教が微妙すぎてやめた。
・ちなみに馬単なら 15⇔4・5・7・9・13・14 12点

12R ワイド ボックス
 1・2・5 3点x3
・ハイペース 微妙メンバー
・まともに買うと抜けていない2番が軸・・・
 一応軸にしなかったけども本命は2番
 ちょっと新馬の時点から太りすぎ。
 調教的にもそんなに減ってなさそう。
 一番マシってだけの消去法の馬なので軸はやめた。
・対抗は5番。差し足は別格の好走血統。SP指数自体も上位。
 ただ、コース的に展開待ちなのは仕方なし。
・穴は1番。逃げれるスピードがあれば通用すると思うけど、
 1000mではちょっと軸では買えないか。
 ぶっちゃけ、5番と1番の複勝だけ買って見学でもいいのだが・・・


   新潟
11R 3連複 1頭軸流し
 1-2・5・6・8・9 10点
・スローペース 外人人気すぎ。
・本命は迷わず1番。前走負けただけで成績は安定しているし、
 叩き2戦目で前進は確実。この頭数なら位置取りはどこでも
 差し届くはず。武からの乗り替わりもプラス(差し馬なので)
・対抗は2番。好走血統で休み明けは成績がいい(5戦中4回馬券内)
 軸はこっちでもいいのだけど、最高SP指数時がルメールなのでやめた。
 津村だとさすがにそこまでは・・・
・穴は8番。差し足はメンバー最上位。SP指数自体は低いけど、
 スローの長距離ならそんなに問題ないはず。縦長にならず1団ならば勝ち負け期待。


   札幌
11R 3連複 ボックス
 6・7・8・12 4点
    馬連 流し
 7-6・8・12 3点x2
・ミドルペース 先行多めで前崩れ期待。
・本命はSP指数上位で差し足最上位の7番
 2・5・11・13で競って前崩れになって欲しい。
・対抗はペースが上がって楽に折り合えたらの福永の8番
 差し足も7番に次ぐ上位で前崩れなら有力。
・穴は6番。差し足自体は負けてないし連闘も怖い。
 死んだふりの最後方から展開向けばもしかして。
・12番はモレイラなので抑え。デムーロが霞むくらいのうまい騎手。
 普通に買えば 馬連 12-1・2・3・5・7・8 
 だが、これを買うならレース自体をスルーかな。(多分損か儲けほぼなし)

[PR]
by lanten | 2016-08-20 10:06 | 競馬予想 | Comments(1)
Commented by lanten at 2016-08-27 03:18
   8月20日 予想結果
  小倉  21450円/1900円
11R ◯15番 5着 直線伸びずバテずで足のある馬に交わされる。
 道中緩みすぎてキレ勝負に。そして展開向かずな形。
というか、12番が買えないのでどうやってもハズレ。

12R ◯2番 5着 -6kでも足りない。もうちょっと絞れないと・・・
 小牧は人気してるからといって強気に乗りすぎ・・・
結局対抗5番が差してきて、穴の1番がスタートを決めて抜け出し・・・
あれ・・・2頭とも来るのかい(笑)
2番を軸にしなくて助かった。
馬単も買っておけば6万
・・・嘘ですせいぜい複勝しか買う気なかったです。
ワイド 1-5 7150円x3=21450円 的中


  新潟  0円/1000円
11R ◯1番 4着 上がり最速でも前残り・・・
 前半1000m64秒台になってしまうと無理。
素直に2番軸の馬単でよかった形。やっぱ人気薄を軸にしないとだな。


  札幌  0円/1000円
11R ◯7番 5着 道中は中段だったのに何故か後方から大外ぶん回し。
 池添下手すぎる。
・・・というか、津村が3着に来なければ3連複4万9千だったのだが。。
一番うまく乗ったのは実は横山和生の6番だったり。
でも溜めて乗ってくれれば展開的に3着あったかも・・・
まあそれ以前に、池添の へ た く そ !
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 8月21日 メイン&最終予想 前回結果 回収率 土曜24% ... >>


by lanten
プロフィールを見る
予想参考サイト
カテゴリ
最新のコメント
タグ
最新の記事
ブログジャンル
以前の記事